fc2ブログ
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機等を紹介、改造、修理、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
President WASHINGTON HAM Radio

washington-cyan_light.jpg
President Washington (Ⅱ) Ham Radio

プレジデントヨーロッパからワシントンがリリースされました。
あれ?ジョージ2と同じじゃん?って思わず叫んでしまいました。

ジョージ2は北米で販売していない為、語尾にFCCが付きただのジョージになっています。
基板、CPUのプログラムも全然違うと思うので購入時は注意。
ジョージFCCは周波数拡張は出来ないので北米でアマチュア機として販売する意図があるのでしょうか?

仕様

- APM (Automatic Power Management)
- Automatic Relay
- Rotary switch and Up/down channel selector
- Volume adjustment and ON/OFF
- RF Power
- Manual squelch and ASC
- Multi-functions LCD display
- Frequencies display
- S-meter
- Public Address
- Vox function (Hands free)
- ANL, NB and HI-CUT
- RF Gain / Mike gain
- Clarifier
- Channels and memories scan
- 4 Memories
- CTCSS (38 tones)
- DCS (104 codes)
- Dim
- Beep Function
- Roger Beep
- Mode switch AM/FM/LSB/USB
- Dual watch
- Key locking
- SWR (Power Reading /SWR)
- Preset emergency (EMG 1/2)
- TOT (Time Out Timer)
- Front microphone plug
- External loudspeaker jack

APM オートマチックパワーマネージメント等ジョージ2には無かった機能があるようです。
気になる方は比較してみると良いでしょう。
今回のワシントンはリンカーン2と同じ位置付けでジョージ2はCBというポジションでしょうか?
ラジャービープもリンカーン2初期バージョンはピー音だったのでプレジデント独特のピロリッ!の音がやっぱりいいですね。

washington-orange.jpg
President Washington (Ⅱ) Ham Radio

価格はまた65K前後になるでしょうか?
下手したらもっと高くなる可能性も。
改造情報他チューナーのレビューを待ちましょう!!



DX Electronics Communications CB RADIO Station

無線機修理のお問合せを頂きましたが現在通院中で対応出来ません。確認も遅くなり申し訳ありません。

ハンドメイドに近い形でCB固定機が発売されています。

cbbase1.jpg
画像はebayより CB BASE STATION

最初、マイクを見ておや?ANYTONE Ares Ⅱかこの基板のSS3900あたりかと思ったら正解でした。
固定周波数で使うならいいですが常時周期数を表示出来ないのは多バンドは辛いですね。

過去にSS3900とAres Ⅱを紹介してますのでスペック等はそちらをご覧下さい。

cbbase2.jpg
フロントにスイッチ類をレイアウトする為、モービル機と同じでひっくり返した状態

リアの放熱対策とレギュレーターTr部が熱くなる事から内部に12Vファン等を追加したい所。

s-l1600 (1)
リアパネル

リアはアンテナコネクター、電源スイッチ、外部SP端子、120V ACコネクター端子があります。

値段は385ドル、日本円で約58K円になるよう。

同じAres Ⅱじゃ嫌という違うのが欲しい人はいいかも知れません。
送料も30K掛かるよう。


RANGER RCI 29 Base

29base_1.jpg
画像はcb27.comより  RCI 29 BASE

レンジャーから10m固定機がリリースされました、RCI 29 BASE。
あれっ、昔見た事あるぞって思った方は正解。
ギャラクシーDX2547のFCC機を使って10m機バージョンにした物です。
モードはFMを追加してAM/FM/SSBになっています。CWは無いのでオールモードではありません。

パワーはAM/FM 40W SSB 80Wでノーマル10m機は400CH
エクスポートに改造すると600CHになる事から、24MHzからになるようですが詳細はまだ不明。

29base_2.jpg
冷却ファンの付いたリアパネル

リアはSSBで80W出るパワーに対応させるためにクーリングファンを2基搭載。
これはオプションで出ているファンキットと同じだと思います。

周波数カウンター部だけブルーになっています。
どうせならチャンネル7セグ部もブルーにすれば良かったと思いますが。
あとノイズフィルターもGNLのままです。

GNFとは?

「GNF」モードではCB動作になりますが、ギャラクシーノイズフィルターが作動します。 これは、弱い信号の S/N 比を高めるために、オーディオの高周波応答を強調しない特殊なノイズ フィルターです。 このフィルターを有効にすると「ラッシュ」サウンドが大幅に減少することに気づくでしょうが、強い信号の S/N 比にはあまり影響しません。

弱い信号時にS/N比を良くするフィルターです。DX959とかにも付いていたと思います。
あまり使った記憶が無いんですが(笑)

29base_3.jpg
付属品アクセサリーキット

価格は600ドル位になるとの事。
レンジャー系の固定機ってコルトエクスカリバーから引き継いだあのラックマウントタイプの固定機しか無いんで久々に違うデザインか?と思ったら2547の使いまわしでちょっと残念ですね。
まぁ、このご時世に金型起こして一からデザインしても採算取れませんもんね。
CB人口も減ってきてるでしょうから。

円安止まらず輸入も高くて出来ません。
円高になる日は来るのか(笑)?