まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機等を紹介、改造、修理、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
Cobra 248F GTL AM SSB rare model?

現在ebayにCobra 248F/GTLが出品されています。

cobra_248f_gtl_2.jpg
以下画像はebay Cobra 248F/GTL AM SSB 40CH CB RADIO?

このモデルは初めて見ました。短期間だけSS-148 DX(40CHモデル)を生産したのは知っていました。
ウッドグレインパネルで木目、ウェザーチャンネルが7CH付いてエコーも付いているようです。

cobra_248f_gtl_3.jpg
マイクゲインもダイナマイクになっている。

Colt エクスカリバーSSBやギャラクシーDX2517のスタイルで大体レンジャーが製作していると想像つきますね。

cobra_248f_gtl_4.jpg
クラリファイアはシングルVR

クラリファイアもボイスロック表示でコブラに準じています。エコーはレベル/タイムのダブルVR。

cobra_248f_gtl_5.jpg
248F GTLのリアパネル。さすがにCW KEYジャックは実装無し。

周波数カウンター端子、録音端子などはしっかり付いています。

全体が写っていませんがFCCのライセンス IDプレートが無いようです(笑)
プロトタイプ?

メイドイン台湾でTR-696やTR-296を生産していた頃にこのモデルも作られた可能性が大ですね。

現在残り9日で10入札、$130.50 日本円で約14200円。
本国コレクターの皆さんが熱くなりそうな1台でした。


Superstar_3900_el_1.jpg
CRT SUPERSTAR 3900EL

ヤフオクに珍しいELパネルのCRT スーパースター3900ELが出品されていますね。

このモデルはヨーロッパ向けでAM/FM SSBなどが確か4Wに抑えられています。
パワーアップとチャンネル増設は従来の方法と違っていたと思います。
ちょっとだけアドバイス。
エクスポートに改造されていれば問題無いですが。


SBE Console V NOS BASE CB RADIO

console_v1.jpg
以下、画像はebay SBE Console V NOSの新品 元箱付き

SBE INC. サイドバンドエンジニアーズの固定機 コンソールVの新品がebayに出品されていましたがすぐ落札されたようです。
500ドル以上のプライスだったようですが欲しい人は即決するでしょうね。
広いアメリカ本土にはまだ新品が存在するのが驚きです。

console_v2.jpg
コンソールV リアパネル 金属部分はピカピカです。

尚、モービル機はご存知サイドバンダーVの39CBです。日本電業 SA-28から-5KC基板を除いたもので初期に付いていたスピーチスパンダー(マイクアンプより強力)が付いています。

console_v4.jpg
取説、FCC パート95の書類他 

console_v5.jpg console_v3.jpg

自分もコンソールVを所有していた時期がありますが中々いい固定機でした。
ニッパチの基板が入っている固定機ですから当然ですね。
この無線機でAB誌の編集室を思い出す方はかなりのマニアだと思います(笑)



cobra2000gtl_9.jpg
画像はebay Cobra 2000 GTL Wスピーカー ガンマレイ ステッカーモデル スタンドマイクはターナー+3

375ドル即決だったようですがこちらももう決まった?

Have a nice GW !!


Cobra 148 GTL DX Replace the faceplate.

この前BSで1954年作の西部劇、大砂塵(Johnny Guitar)という映画をやっていてコンボイで保安官ライル役をやっていたアーネスト・ボーグナインが出ていて若いなぁと感じてしまいました。
コンボイっていうと通訳で「ブレーカー1-9 ブレーカー1-9」を19チャンネル割り込み、19チャンネル割り込み!ってやってますが日本のCBで言う所の「19チャンネルお借りしますよ~ご迷惑だったら下さいねぇ」的なニュアンスなんでしょうね。


前にエントリーしたCobra 148 GTL DXのフェイスプレートを交換してみました。
148gtl_ex_face1.jpg
ブラックフェイスの148 GTL EX フェイスプレート

前の記事でも書きましたが148GTL EXはコブラ(ユニデン)では無くレンジャーの基板です。
ユニデン時代のPC-879、PB-010の基板のフェイスプレートとレンジャーのEPT3600系の基板のフェイスプレート、ベゼルのサイズはほんの少しサイズのズレがあります。
詳しくはユーチューブ等で探すと解説している動画がありますのでそちらで違いを確認して下さい。
このフェイスプレートはTRXランプ付近、下側をカットしてジャストのサイズに近づきました。

148gtl_dx1.jpg
PB-010のコブラ148 GTL DXにEXのフェイスプレートを加工して取り付け

フィット感もまずまず。ポン付けでは合わないので仮付け段階でカット、加工する所を確認してから作業しましょう。
逆にSS3900系のパネルならジャストフィットでしょう。

148gtl_dx2.jpg
JENTEC風にブラックフェイス レタリングでEXをDXに変更もあり。実際存在しないMK-Ⅵ JENTEC仕様を作ったりしても面白いかも。

148gtl_dx3.jpg 148gtl_dx4.jpg


これまで製作したお気に入りのカスタムCB無線機
My favorite custom CB RADIO

favorite_cb4_148_nw_st.gif
Cobra 148 NW ST(Knight Rider Custom ナイトライダーカスタム)

favorite_cb2_tr-296f_dx.jpg
TEXAS RANGER TR-296F Custom

favorite_cb3_grant_lt.jpg
UNIDEN GRANT LT Blue LED Custom

favorite_cb1_jackson.jpg

PRESIDENT JACKSON and GEORGE Blue LED/LCD

興味がある方は過去記事を探してみて下さい。


※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。