まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Anytone AT-5555N How to memorize and AM super swing modulation mods.

at_5555n_1.jpg

Anytoneが続いてます。今更な感じですが中国のサプライヤーからAT-5555Nを送ってもらいました。
イギリスからも買えるようですが 型番違いのCRT SS7900よりも高いようです。ebayも高い。
そりゃそうですよね。中国のセラーが安く売っちったらみんなそっち買いますわ。

at_5555n_pcb.jpg
基板は5555NPCB2 20140806のマーキング

at_5555n_3.jpg
表示にMマークが出たまでは良かったが…

メモリー関連が非常に分かりずらい。
at_5555n_mem1.jpg
1. 【MEM】を短く押してメモリチャネルに入り、チャネルスイッチを回してメモリチャネルM1〜M6を選択します。和訳するとこんな感じ。

英文の説明書ではMEMを押してCH セレクターを回すとM1-M6の選択表示になるって書いてますが表示しません。

この無線機のメモリーも、リンカーンⅡ同様メモリーでもモード、周波数が変更出来る。
11m、10m、10m FMなどよくアクセスする周波数をメモリーしておくとかなり楽。(FR-CHがFrequencyの時のみ)
※バックグランド メニュー 7 FR-CHがChannel adjustになっていると周波数固定、モードは変更出来る。

at_5555n_2.jpg
この表示がメモリー1なのです、この状態だとCHセレクターでM1からM6まで表示出来る

ボタン長押ししてもメモリーデリートの表示だったりどうやったらM1-M6の表示になるのか悩みます(笑)
説明に無い他のボタン押します。
解決です。

※8/3 追記 後で分かったんですが、Menu長押しでバックグランド メニュー 7 FR-CHがChannel adjustになっている場合は上記の英文の説明通り、M1からM6の表示をします。
Frequency adjustになっていると表示しないようです。

at_5555n_super_swing.jpg
AT-5555NもAMはスーパー変調に改造してみる Mods at your own risk!

CRE8900でスーパー変調に改造成功していたのでこれもスーパー変調に。
基板が進化いている為かこっちの方が幾分スイング幅が広い感じ。

※8/4追記 キャリア2Wの場合、変調でAVG 10Wオーバーします、AMレギュレーターに負担を掛けるので+12Vファンで冷却が必要です。
PEPで40W  2-10W バリアブルでこの改造でどこでもプラス変調になります。


AM専用機に負けない変調になります。
マイクはコンデンサーマイクなのでAT-6666やLINCOLN Ⅱなどと同じ変調。

AT-5555 ver.3(この基板は3から始まっている)から見てきましたがかなり進化しましたね。
Alpha 10 MAX の頃が懐かしい(笑)
またエントリーします。

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。


関連記事
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。