まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Palomar SL41 2-Way Radio Active Circuit Noise Cancelling Microphone

palomar_sl41_1.jpg
パロマー SL41 アクティブサーキット ノイズキャンセリングマイク 

バルク品ではありません。しっかりパッケージも取説も付いています。送料を節約とか言いパッケージ、取説はありませんという説明はバルク品です。その説明をしないでリテール品の様に販売しているのをオークションでちらほら見かけます。
アスタティック マイクとか・・・気を付けましょう。

RFリミテッド、マグナムで有名なサム・ルイス氏の父親サム・ルイス シニア氏や祖父が経営していたPalomar Electronicが帰ってきました。マグナム、EKLパーツ等と共に。詳しくはhttps://www.palomarelectronics.com/

パロマー電子からマイクが出ていましたがアメリカで
「アスタティックが予備になりSL41がメインになったよ!信じられない位いいマイクだよ。」
5星
今までで一番いいマイク。

等とレビューが書かれていてほんまかいな?と思ったので輸入してみました。

palomarsl41_2.jpg
パロマーSL41とT-MⅡ 大きさの比較

相変わらずUS製はデカい! PTTもいつものあれで長時間押してると疲れる作り。
これがアメリカのスタンダードなんでしょう。
モービル使用時とかロックSW等で楽に交信するという文化が元々無いようだ。

palomar_sl41_3.jpg
SL41の内部

アクティブサーキット用で単4 AAAバッテリーが1本入っています。1年以上寿命があるよう。

基板にはゲイン調節用半固定VRが付いていてまだゲインを上げられる。デフォで半分位まで上がっている。
その左上のJPは低音ブースト用。ジャンパーしないと中高音持上げ、ジャンパーすると低音も出るようになる。

palomar_sl41_4.jpg

配線は
シールド GND PTT
赤     TX PTT
白 芯線 オーディオ マイク
白 シールド マイク シールド
青 RX
黒、黄色 未使用

で、使用レポートですが・・・
モービルでの使用がまだ無いのでノイズキャンセルのレポートはありませんが、

固定で使ってみて、これはいいです。

使って良かったと感じたマイクはSRA-158のセラミックマイクやRF Limited CR-577等でしたがまたその中に1個加わりました。
DXのパイルアップ時にも他の局より呼ばれやすくなる実力を持っている感じです。

日本で言う所のバリバリの変調とアメリカのラウド アンド クリアーはちょっと意味が違うので、念のため。
T-MⅡではボヤっとした変調の解像度もSL41ではしっかりとしている感じです。

ナサ等でフィードバックコンデンサの容量を変えた無線機でもまた結果が違ってきます。

持ってて損はないマイクだと思います。    

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。

関連記事
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。