まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
LAFAYETTE HB-625 VINTAGE CB RADIO Part 2

hb625a.jpg

625a_ad.jpg
広告はS9マガジンのADより HB-625A


ラファイエット HB-625系の改造、対策等を。
改造等は自己責任で。
Mods at your own risk!

Fズレの対策

hb625_10.jpg

受信回路に付いているオシレーター11.730MHzのクリスタルに直列でTCを接続して補正。
この625はプラス側にズレている為。調整は⊿チューン、センターの位置で。

回路では11.730MHz直通でプラス、47pfでセンター、47+18pfでマイナス

hb625_11.jpg
47pfと18pfの容量を変更するのもあり。これは水晶に追加でTC取り付け。

センターからプラス側にかなりズレてしまっていたのですがTC調整で⊿チューン、センターで1KHz台が5KHzに合いました。

尚、HB-525では+/-2KHzだった⊿チューンはHB-625では+/-1.8KHzに変更されています。


変調の強化

hb625_6.jpg
AFアンプ部 TR18、TR19 ゲルマPNPタイプ TO-3 2SB407(337)×2(7A/30W×2)

前の記事でも書きましたが劣化したマイクユニットのせいか変調はこもった感じでした。
しかし、プッシュプルアンプ回路の帯域補正のFBコンデンサーは0.022μFが付いているのでもっといい変調が出る筈です。

マイクアンプのゲイン増加(TR-16、IC-2) AFアンプ側のレンジブースト回路の見直し等をしてマイクを変えたら全然違う変調になります。
追加でマイクアンプは使用しませんでした。これは無線機単体では大丈夫でもリニア等を接続すると回り込む場合を考えてです。

hb625_13.jpg
HB-625を持っている方は追加配線等が分かると思います。マイクアンプ部は現在テスト中の為シークレット

hb625_8.jpg
基板内部

ドライブ 2SC781 ファイナル 2SC1239と当時のオーソドックスなRFアンプ回路。

hb625_7.jpg

クリスタルはロータリーSWに直付けタイプ 28MHzへの改造はちょっと面倒くさそう。
27.005MHzだとTXは23.290+14.990=38.280 38.280-11.275=27.005
         RXは38.280-11.730=26.550 26.550+0.455=27.005

改造する場合はHC 18/Uのリードタイプの足を使いましょう。

現在フローティングキャリア変調に改造中ですが中々面白いです。
キャリア1Wちょっと固定でテストしてますが、かなりいい違法CBの変調です。
やはり当時はノーマルで使っていて物足りない変調だったかも知れませんね。
パワー調整は後でバリアブルにする予定なのでまた進化したらエントリーします。


※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。



関連記事
コメント
管理人さん\(^_^)/ またもや 気になる実験をされてますね(笑)😁 変調のフローティング範囲が気になりますo(*⌒―⌒*)o が この猛暑日 管理人さんの体力が 一番気になります(笑) ブログ更新を楽しみにしてますが 熱中症に注意なされて実験頑張ってください(^^)d
2016/07/30(土) 14:09:34 | URL | ロマンチック #SR7PvE3.[ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

近くに半田ごてあるだけで体感温度が上がっている感じです(笑)

現在キャリア1W固定で実験していますが変調を入れてアベレージで3W、PEP 8Wという感じです。
C1239だとこれ位がいいところではないでしょうか。
ちょっと手を加えるだけで良い変調になりますね、この無線機。
現在部品待ちでまた改造する予定ですのでよろしくお願いします。

ロマンチックさんもご自愛下さい、8月も宜しくお願いします。
2016/07/30(土) 21:58:04 | URL | GroooooveRider #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック