まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LAFAYETTE HB-625 VINTAGE CB RADIO

hb625_1.jpg
Lafayette Radio Electronics (LRE) HB-625A AM 23 Channel CB RADIO

ラファイエットといえば、1920年に遠方に住むアマチュア無線家等にメールサービス(カタログ販売)で部品の販売を始めたのが始まりで受信機はご存知トリオがOEM生産しラファイエットブランドで販売していましたね。

トリオに限らずオーディオ、楽器などソニー、松下、マランツ、テスコ(現カワイ楽器)等日本のメーカーがOEM生産していました。
ラファイエットの一番の判断ミスはもうすぐ40CHへの拡張をFCCが認可する情報を先読みせず、旧式の23CH機に執着してしまった事でしょう。その為、沢山の不良在庫を抱えて莫大な損失を生む事になります。
1979年に倒産、ニューヨークの本店は1981年に閉鎖されています。

という事は1981年以降のラファイエットCB機は商標の使用許可をもらった製造メーカーやサプライヤーが生産していた事になります。
現在もヨーロッパでラファイエットブランドでCBが売られていますが当時のラファイエットとは無関係のようです。

HB-525、625系はネットで検索してもなかなか情報が無いので詳しく解説していきたいと思います。

hb625_5.jpg
倒産する前に発売されていたHB-625系 価格は約190ドル(当時の価格で約57000円)

ラファイエットのCB機は回路図を見る限りサイバネットが設計していたようです。
トランジスター(ECB等の足配置)などの図が回路図に載っているところなど後期のPTBM基板に継承されています。

前期のHB-525との違いはRFノイズサイレンサー(NB)がON/OFF出来るようになった事。ANLは回路で常時オン。

受信時のランプは廃止され送信時オレンジが点灯、MODランプも兼ねていて変調でピカピカする。

hb625_9.jpg
2nd IF 455KHz メカニカルフィルター

1st 11.275Mhz 2nd 455KHzの回路構成ですが455KHzはセラミックではなくメカニカルフィルターを使用しています。
メカフィルは選択度に鋭い特性を持たせる事が出来るため受信は隣の抑圧(カブリ)をかなりカットしてくれます。
PLL回路ではガサガサ言っている被りが625ではかなり抑えられています。流石メカフィルですね。

hb625_2.jpg
リア側

EXT SPの他にEXという端子がある。これはCHセレクターがEXの時、AUX IN 外部入力で使えるジャック。

PRIVA COM端子はプライベートチャンネルの為のトーンエンコーダー接続端子。
PRIVA-COM Ⅲ等を接続しない場合は内部SPを使用する為のコネクタを接続。

黒の2本線は盗難アラームの接続線。
GNDと車のクラクションのリレーに配線し盗難時にクラクションが鳴るというもの。

hb625_3.jpg
取り外したノーマルマイクユニット 変調はこもった感じ

ストックマイクは特殊な4ピン。下2つGND、真ん中MIC、上TX

ダイナミックマイクユニットは経年劣化で特性が変わっているのもあるが変調をチェックした感じではこもった感じ。
普通の4ピンに変更して違うマイクを使用出来るようにした方がいいと思います。
いろいろテストした結果、社外品で変調が劇的に変化します。

受信のFズレ、デルタチューンのマイナスで4CHだと27.005MHz付近になっいてる所や変調強化などまた時間があったら対策、改造のエントリーをしたいと思います。

40年位経っているのにしっかり受信するし送信も3.5W位出ているのは凄い事ですね。
メカフィル独特の受信音は過去にタイムスリップさせてくれます。



※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。




関連記事
コメント
管理人さん⤴ 御無沙汰しております。 マニアックな機械の健康診断お疲れ様です(笑)😁 ハンダ地獄の日々を御過ごしだと思いますが 水分補給しながら頑張ってくださいね\(^_^)/(笑)😁
2016/07/29(金) 12:41:55 | URL | ロマンチック #SR7PvE3.[ 編集 ]
Re: タイトルなし
こちらこそご無沙汰しております。

梅雨が明け暑くなり半田付けは苦痛の時期になりました。

当時はいい部品使ってたんですね、流石に受信はFズレをおこしてましたが対策しました。
現在簡単なフローティングキャリア変調に改造中です。

AFアンプもゲルマTRの30W×2個 B407を使ってるしマイク変えてリミッター解除や変調ブースト等の
改造したら違法CBの変調になりました(笑)
やはりFCC規格はノーマルでかなり大人しい変調です。

また更新しますのでよろしくお願いします。
2016/07/29(金) 22:21:35 | URL | GroooooveRider #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。