まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機等を紹介、改造、修理、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
Xiegu X108G Outdoor version 0.5-30MHz 20W HF QRP TRANSCEIVER

x_108g_1.jpg
Xiegu X108G Outdoor ver. 中国製 QRP HF トランシーバー 0.5-30MHzまで受信可能 ハムバンドは0.5-20W可変でTX可。

ANYTONE APOLLO ⅡのOEM CRT 2000、STRYKER SR-94HPCなどAM/FMモデルのSSB付きを海外のマニア達も長い間待ってるようですが中々リリースされませんね。
HF QRP機を改造して27.555MHz等にQRVする海外局がぼちぼち出てきているようです。

日本で保証認定するには5MHz帯を削除、送信改造が出来ないモデルにする必要があると思います。
以前108Gの(J)モデルがあったという話も聞きますが。
現時点で送信改造が出来る為、保証認定は無理かもしれません。
そして新スプリアス規格の問題もクリアする等でしょうか?

x_108g_2.jpg
リアパネル側

こちらは送信改造目的なのであまり参考にならないかも知れません。

x_108g_3.jpg
カラーLCD 画面 VFO-Aでの表示
6KHzフィルター、受信した感じはまずまず。アイコム IC-706 MK-Ⅱ等のAMバンド幅よりは狭くていい感じです。
ダミーロードでAMを送信してみましたが低電力変調でマイナスにパワーダウンします。
フローティングキャリア(プラス)変調を期待しているとがっかりするかも知れません。

x_108g_4.jpg
USB 27.555MHzの表示 バンド幅 2.3KHz

SSBは2.3KHzフィルターで結構いい感じです。3.5MHz 7MHZも聞いてみましたが聞きやすくて長時間受信しても疲れない作りです。

x_108g_5.jpg
アンテナアナライザー画面

2017年から新ファームウェアにアップデートされアンテナアナライザー機能が追加。
26.995から中心27.555MHz上限28.105まで測定している画面。
別のANTアナライザーの測定とほぼ合っている事から信頼出来る測定結果だと思います。
スパンで幅を変更可能。


Factory XieGu in China 興味深いファクトリー風景 関係ないですけどエンジニアがヒカキンに似ている(笑)


XIEGU X-108G vs YAESU FT-817ND X-108GとFT-817NDとの比較

108Gの仕様

Specification:

General
- Frequency Range: Receive: 0.5 ~ 30MHz
- Emissions: All HAM bands
- Work mode: SSB (J3E)
CW (A1A)
AM (A3E)
- The minimum frequency step: 1Hz
- Antenna Impedance: 50Ω
- Operating temperature range: -10C ~ + 60C
- Frequency stability: ± 0.5ppm @ boot 5 minutes, -10C ~ + 60C
- Operating voltage: 12 ~ 14.5V DC
- Current parameters: reception 600mAMax
- Emission 7.5AMax
- Machine size: 120 * 45 * 180 (mm) not including knobs, handles, and other prominent

Transmitter
- Transmit power: 20W (@ 13.8V)
- Mode: SSB balanced modulator
AM modulated low
- Spurious rejection: ≥40dBc
- Carrier suppression: ≥45dBc
- Selective: SSB 2.4kHz (-6dB)
CW 500Hz (-6dB)

Receiver
- IF frequency: 10.7MHz
- Receiving sensitivity: 0.5uV (PRE ON, ≤2.0MHz)
- 0.3uV (PRE ON,> 2.0MHz)
- Reception band: 1.8 ~ 2.0MHz /3.5 ~ 4.0MHz/5.0 ~ 5.5MHz/7.0 ~ 7.3MHz/10.0 ~ 10.2MHz
14.0 ~ 14.5MHz/18.0 ~ 18.2MHz/21.0 ~ 21.6MHz/24.8 ~ 25.0MHz/28.0 ~ 28.8MHz
0.5 ~ 30.0MHz
- Dynamic range: better than 90dB
- RIT frequency tuning range: ± 1kHz
- Audio output: 0.5W@8 ohm

まだ改造していないので改造したらまたエントリーします。



※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。


Cobra 248F GTL AM SSB rare model?

現在ebayにCobra 248F/GTLが出品されています。

cobra_248f_gtl_2.jpg
以下画像はebay Cobra 248F/GTL AM SSB 40CH CB RADIO?

このモデルは初めて見ました。短期間だけSS-148 DX(40CHモデル)を生産したのは知っていました。
ウッドグレインパネルで木目、ウェザーチャンネルが7CH付いてエコーも付いているようです。

cobra_248f_gtl_3.jpg
マイクゲインもダイナマイクになっている。

Colt エクスカリバーSSBやギャラクシーDX2517のスタイルで大体レンジャーが製作していると想像つきますね。

cobra_248f_gtl_4.jpg
クラリファイアはシングルVR

クラリファイアもボイスロック表示でコブラに準じています。エコーはレベル/タイムのダブルVR。

cobra_248f_gtl_5.jpg
248F GTLのリアパネル。さすがにCW KEYジャックは実装無し。

周波数カウンター端子、録音端子などはしっかり付いています。

全体が写っていませんがFCCのライセンス IDプレートが無いようです(笑)
プロトタイプ?

メイドイン台湾でTR-696やTR-296を生産していた頃にこのモデルも作られた可能性が大ですね。

現在残り9日で10入札、$130.50 日本円で約14200円。
本国コレクターの皆さんが熱くなりそうな1台でした。


Superstar_3900_el_1.jpg
CRT SUPERSTAR 3900EL

ヤフオクに珍しいELパネルのCRT スーパースター3900ELが出品されていますね。

このモデルはヨーロッパ向けでAM/FM SSBなどが確か4Wに抑えられています。
パワーアップとチャンネル増設は従来の方法と違っていたと思います。
ちょっとだけアドバイス。
エクスポートに改造されていれば問題無いですが。


SBE Console V NOS BASE CB RADIO

console_v1.jpg
以下、画像はebay SBE Console V NOSの新品 元箱付き

SBE INC. サイドバンドエンジニアーズの固定機 コンソールVの新品がebayに出品されていましたがすぐ落札されたようです。
500ドル以上のプライスだったようですが欲しい人は即決するでしょうね。
広いアメリカ本土にはまだ新品が存在するのが驚きです。

console_v2.jpg
コンソールV リアパネル 金属部分はピカピカです。

尚、モービル機はご存知サイドバンダーVの39CBです。日本電業 SA-28から-5KC基板を除いたもので初期に付いていたスピーチスパンダー(マイクアンプより強力)が付いています。

console_v4.jpg
取説、FCC パート95の書類他 

console_v5.jpg console_v3.jpg

自分もコンソールVを所有していた時期がありますが中々いい固定機でした。
ニッパチの基板が入っている固定機ですから当然ですね。
この無線機でAB誌の編集室を思い出す方はかなりのマニアだと思います(笑)



cobra2000gtl_9.jpg
画像はebay Cobra 2000 GTL Wスピーカー ガンマレイ ステッカーモデル スタンドマイクはターナー+3

375ドル即決だったようですがこちらももう決まった?

Have a nice GW !!