まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Galaxy DX2517 Add 10 meter frequency.and Meter valve converted to LED.

dx2517_2.jpg
Galaxy DX2517 AM/FM/SSB/CW CWも付いているオールモード クラりファイアーは+/-5KHz TX、 +/-1.5KHz RX

修理、改造依頼でDX2517をお預かりしました。

コルト エクスカリバーの頃から変わっていないフロントデザイン。調べた事ありませんがEIA規格のラックに収まるんでしょうか?
放熱対策で問題ありそうだし見た事ありませんが。

昔のエントリーでも書きましたがエクスカリバーSSBは初期がサイバネット、後期がレンジャーの基板に変わっています。
レンジャー基板はEPT3600系から始まっています。そうですコブラ148 GTL DX(PB-010)の基板から派生していった物です。
現在でもこの筐体が使われレンジャー、ギャラクシー等から販売されているのは凄いですね。

dx2517spec.jpg
DX2517の仕様

上記の仕様をよく見て下さい。
最初からCB帯に変更する目的だとしても10mの周波数範囲が28.765-29.205MHzって中途半端ですよね。
J29の移動でエクスポートに改造しても25.615-28.305MHzでSSB DX帯の28.500MHz付近や10m FMも29.200MHz以上にQSY出来ない為、29.300MHz等が聞けません。
最近のモデルは10m仕様だと28-29.700MHzになっていますが前のモデルは中途半端が多いです。
そして、フリーCBバンドの25MHzって必要でしょうか?

galaxy_dx2517_2.jpg
お預かりしたDX2517 Fバンド 40CHで28.305MHzでそれ以上はQSY出来ない。

改造依頼は28MHzの周波数拡張とメーターのLED化。サービスでAMのフローティングキャリア変調化にする事にしました。
トランスからの安定化電源基板では無くスイッチングレギュレーターの電源になっている。
Sメーター、変調側のバルブが切れているようです。

galaxy_dx2517_3.jpg
DX2517 基板は後期 EPT690011D MOSFETタイプ

ファイナルTRはRFタイプでC1969だと思ったら後期基板でIRF520NのMOSFETでした。RFトランジスターよりパワーが出ます。

galaxy_dx2517_4.jpg
このシリーズでメジャーなRANGER BD EPT690011D

galaxy_dx2517_7.jpg
29.655MHzまで周波数拡張 29MHzまでロックさせるにはVCOコイル等の調整が必要です。

A BAND 26.965-F BAND 29.655MHzまで美味しい周波数範囲に改造。
これでFCC CB 40CH から合法8CH等、27.555MHz USBのトリプル5付近等、28MHz全域 AM SSB、10m FM 29.300MHzまでカバー出来るようになりました。

galaxydx2517_8.jpg
メーターバルブをLED化

AMのフローティングキャリア変調化や受信、送信系を現在調整中です。

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。


スポンサーサイト
Anytone AT-5555N Modular to 4pin Conversion connector.

風邪を引いたりして体調不良が続いていました。季節の変わり目、皆さんも気を付けて下さい。

最近海外のオークションで高値になっている物をちょっとだけ。

motorola_system500.jpg
画像はebay Motorola System 500 CM 550 and CB555

モトローラ システム500シリーズ 40CH AM/SSB、固定器はCB 555、モービル機はCM 550。
コブラ148GTL等と並んで銘機になっている2台、程度がいいと簡単に$500超えます。
モービル機1台、固定機2台での出品はかなりレア。

midland_7001freq.jpg
画像はebay Midland 7001 EXPORT 400CH AM/FM/SSB freq Counter

サイバネットで78-999等の固定機よりも高値になる事もある。上記の7001は約7万(GBP 470)入札32件で終了。
コレクターマニアが熱くなっているのか(笑)このモデルは周波数表示で+/-5KHzのSWが付いている。
基板はPTBM 125A4X以降だと思います。

magnum S9_01
画像はebay Magnum S-9 AM/FM/SSB

もう説明不要のマグナム S9。後を引き継いだマグナム 1もディスコンになってしまいました。
これは42入札、約53000円で終了していました(中古)

前置きが長くなってしまいました。

AT-5555N Modular to 4pin Conversion connector..

AT-5555Nになってマイク端子はモジュラータイプ、RJ45になってしまいました。
社外品のマイクを接続するのも大変なので変換を作ってテストしてみました。
配線は海外のサイトを探すと出できます。
4ピン、ユニデン、レンジャー配線の場合、1 シールド、2 マイク、3 TX だけで大丈夫。
4はNC

anytone_at_5555n_rj45_mods.jpg
AT-5555N リバースLCD スーパー変調改造モデル

ヤエスのYM-31を接続しましたが中々いい変調です。このマイクはコンデンサーに変更しています。
以前、CRE 8900用で作った物です。

at_5555n_modular_4pin.jpg
変換コネクター

CRE 8900/DR-135、President LINCOLN Ⅱ、AT-5555N等はコンデンサーマイクのマイクアンプ回路です。
セラミックマイク、ダイナミックマイク、またこれらのパワーマイクを使用したとしてもゲイン低下、変調の線が細くなってしまいます。
1個コンデンサーマイクで専用マイクを製作する事をお勧めします。
電子工作用の安いコンデンサーマイクユニットでもそこそこいい変調が出ます。

改造、配線は自己責任で。
Mods at your own risk !!

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。