まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Magnum 1 12/10meter Export Radio

magnum one1
Magnum one 12/10Meter Radio 画像はhttp://www.cbradio.nl/

マグナムから12/10meter Radioがリリースされるみたいです。
見ての通り、Maxlog M8800 現在はver.08位だと思いますがそのOEMですね。やはり噂は本当でしたね。
周波数表示(カウンターでは無い)は1Hz台も表示されるようになりました(ステップは5Hz)

モードはAM / FM / USB / LSB / CWのオールモード
パワーは40W SSB/10W CW / 10W AM/ 40W FM

ノーマルで24.890-24.990MHz 28.000-29.700MHz
エクスポート 24.500 -25.615MHz 25.615-30.105MHz

発売はまだ始まっていませんが多分来年の1月頃になると思います。
局発のTCXO回路は引き継いでいると思うので安定度は抜群だと思います。
自分が持っているM8800のV03でも電源を入れてからまったく周波数が動かないのでSSBではかなり威力を発揮してくれると思います。

考えてみるとANYTONEを作っているQixiangやストライカーなどを作っている Good Will Telecomなどが他のメーカーのOEMを生産するという形が整いつつあるようです。

------------------------------------------------------------------------------------

1400.jpg
画像はebay SSB/AM 固定機 TRS Challenger 1400

珍しいAM/SSB機 TRS Challenger 1400

ユニデンやサイバネット等の基板では無くメイセイ電気製というレアな無線機。
フィルターもハイ/ローを装備して受信も聞き易そうですね。
PLLはμPD2810Cで周波数拡張は出来るみたいです。41-80CH
2816と同じでHI CHは5KHz上になるので-5KCの改造が必要です。


TRS Challenger 1400



ソーラーノイズを受信しているVID 27.355MHz オーストラリアを受信時

久々に動画更新しました。
ソーラーパネルのパワーコンディショナーが弱いノイズと強いノイズを出している時の受信の状態です。
27.355MHzは比較的弱いですが27.555MHzではかなり強力なノイズが出ていて弱い信号は受信出来ません。

このビデオの面白い所はRealistic TRC-451(ユニデンのPC-965)よりGalaxy DX979 (Ranger EPT092912Z)の基板の方がノイズが少ない所です。普通は逆なのですがDX 979の受信をハイカット改造しているので逆の受信音になっています。

改造次第ではギャラクシーの基板もここまで聞きやすくする事が出来ます。

久々にユーチューブチェックしたらHR2510の液晶反転やコブラ148のフロントフェイスステッカー交換等の依頼のコメント入ってましたがこちらアメリカじゃないんで(笑)・・全部お断りしてます・・・アメリカのショップでお願いしまーす。


※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。


スポンサーサイト
PRESIDENT GRANT Ⅱ PREMIUM


grant2p_1.jpg
President Grant Ⅱ Premium 画像はhttp://www.pmr-funkgeraete.de/

プレジデント グラントⅡがプレミアムになりました。以前のノーマルバージョンも引き続き販売されているようです。

プレミアムの主な変更点は受信に村田製作所のフィルターが使われ受信が大幅に改善された点とリアに大型のヒートシンクが取り付けられました。

バンドはノーマルと同じEC/EU他各国に対応した周波数で26.965-27.405MHz
GBのFM帯は27.60125-27.99125MHz IN 26.565-27.275MHz等各国に対応。
エクスポートは25.615-30.105MHz 改造で-5KHzシフトもOK(1KHzステップは不可、オープンクラリファイア改造で対応可能)

パワーはAM FM 4W/SSB 12W

SSB ALC(Power)はRT203、 AM PowerはRT204、AMC(Automatic Modulation Control)はRT207
改造、調整は自己責任で。Mods at your own risk!

grant2p_2.jpg
大型のヒートシンクが付いてればパワーアップしても安心。


新たにムラタのフィルターが使用される。尚、設計はANYTONEのQixiangでは無くユニデンとの事。


PRESIDENT Jackson Ⅱ Classic Chrome

jackson2cr.jpg

ブラックフェイスだっだJackson Ⅱからクロームフェイスも発売になりました。

AM/FM/SSBのロングセラーですね。
価格は230ポンド(42000円)前後


AM/FMの受信音はいいがSSBは歪が出ているとのレビューVID

ANYTONE AH-27

ah-27.jpg
画像はhttp://www.cbradio.nl/

最後にANYTONE AH-27

過去にMaycom(OEMでミッドランド42等)ブランドから同名のAH-27が発売されていましたが、新しい機種としてANYTONEからリリースされる予定みたいです。

AM/FM 4W 40CH 26.965-27.405MHz
エクスポート400CH 25.615-30.105MHz
今のところPCからのプログラムは不可。

発売時期は未定

送信不可にして移動先でのコンディションチェックとかに使えそうですね。



※ブログで紹介した無線機等の改造は自己責任で。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。