まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
Cobra 29 LTD CLASSIC 10m conversion Part2

前回エントリーに続きCobra 29 LTD Classic 10m改造のパート2です。

cobra29_ltd_11.jpg
下 Mirage MX-86HP 上 Cobra 29 LTD Classic 接続しているFC-30BT 2台

前回のエントリー後、28MHzの感度を下げずに27MHzもいい所まで受信感度を上げる事が出来ハイブリット化する事が出来ました。あくまでもコレクション前提ですので(笑)
実際使用する場合はCB/10m切替リレーを外して28MHz専用にするなど対策が必要です。

cobra29_ltd_12.jpg cobra29_ltd_13.jpg
NBとANLは独立して使用可。相変わらずユニデンのNBはかなり効きます。
近所のソーラーパネルのインバーターノイズで受信はS5位まで上がる時があるのですが一番ノイズをカットしてくれる機種かも知れません。

CBポジションで28MHz、PAポジションで27MHz合計80CH使用可。

デルタチューンはマルイチ(FT-101)を受信する時にかなり重宝します。平気で1-2KHzズレている局が多いのでクルっとジャストに合わせる事が出来聞き易くなります。改造しているので送信も動きます。

cobra29_ltd_14.jpg
受信アップグレードでRF AMPのTR7はC1674LからC2999に交換。
一番効果が出るのはRANGER系の基板で追い込んでいくとかなり聞きやすくなります。ユニデンに比べてノイジーな受信音を改善したいのなら是非お勧めです。

cobra29_ltd_15.jpg
検波DもECG583互換ショットキーバリアと交換。TRとセットでの交換が効果ありです。
S1位の信号がノイズから浮かび上がりかなり聞きやすくなります。D4がAM DET、D5がS Meter、D6がスケルチDET。
今回はD4のみ交換しましたがユニデンの基板でも効果ありです。(どの無線機でも効果があるとは限りません)

cobra29_ltd_16.jpg
テストで取り付けた周波数カウンターFC-30BT 現在アメリカから輸入すると送料いれると15K円位掛かってしまいます。
円高の時買っておいたんですが今は高くて買えないですね。
VCOアウトからの配線も前回は普通のコードで送信すると表示がふらつきましたが1芯のシールド線に変え、コア取り付けで周波数の表示は安定しました。

cobra29_ltd_17.jpg
自作した周波数カウンター用コネクタ。

今回改造したメニュー
2桁ブルー7セグLED(CH用)交換 、TX/RX LED ブルー/レッドに交換、29 LTD クロームタイプ メータースキンに交換
28MHz改造用クリスタルオシレーター取り付け、リレーで27MHz切替可
デルタチューンのアンロック(送信時唸り可)、TR増設でバリアブルパワーコン取付(SWR CAL VR使用)
純正ダイナミックマイクユニット交換、4Pマイク ナサ配線、TX/RX切替リレー取付(マイク無しで受信可)
受信アップグレード等

あとやり残してるとすればMOSFETファイナルにするとかですかね。
MOSFETもいいんですが現在のパワー位でリニアを押すのが一番いいかも知れません。
MOSFETじゃなくRFトランジスターに拘っているマニアも居ますし。

コブラ29もこれ位改造するとかなり面白いですよ。
改造は自己責任で。
Mods at your own risk!

---------------------------------------------------------------------------------------
最近ebayで見つけたレアなAM/SSB機

stalker202.jpg
Teaberry Stalker 202
時計の付いたストーカーXXやXVの固定機はよく見るのですがこのモデルは中々見ませんね。
多分ユニデンPC-353あたりの基板ではないかと思います。
日本円で34000円位で落札されていました。

ss148dx.jpg
SUPERSTAR SS-148DX

ss148dx2.jpg

スーパースターの珍しいCobra 148 GTLのコピー機。DXとありますが40CH機です。
製造は元締めレンジャーですが向こうのマニアも限定少量生産に弱いらしく23000円位まで上がってました。

色々検索してると昔のebayの方が面白い機種沢山ありましたね。

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。