まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Galaxy DX 959 AM Super Swing Mods Part 2

dx959_5.jpg

前回から始まったDX 959 Super Swing改造プロジェクト。
いや~半田付けが嫌な季節ですね、罰ゲームやってるみたいで(笑)

フローティング改造の前にSメーターをホワイトLEDに交換。交換するにはフロントベゼルを外す必要があります。

dx959_15.jpg
カバーを外し、ベゼルサイドの4個のネジとノブ類を外すとこんな状態に。

裏側4箇所のネジでメーター裏の基板が外せます。横長タイプの12Vバルブが付いているのでLEDと交換します。
LEDは2個使うとちょうど良い。

dx959_7.jpg
最初の画像で27.300MHzになってますがCBTricks等に載っている改造をしてもクラリファイアは-5KCはダウンしません。
ノーマルは1K位しか動かないので更に改造が必要。
今回改造画像は省略。Mirage MX-86HPの過去記事を参照。
改造後オシレータのコイルを調整する訳ですが周波数カウンターPCB(EPT900043Z)に隠れているのでこれを外す必要があります。
カウンターPCBを外したらL20、L21、L22を調整します。

dx959_6.jpg
40CHだけでは寂しいのでMB8719 PLLのP5、P6をON/OFFさせて周波数拡張です。
バイアグラBD等のCH拡張キットを使わなくても改造出来るのが8719等のいいとこっすね。
P5/P6どちらもオープンで12CHから32CH 27.425MHzから27.645MHzまで拡張できます。
インターナショナルDX Freq等が聞けないとやはり寂しいですもんね(笑)

本題のTOP GUN MD-1の取付は次回に。
依頼主様 もう暫しお待ち下さい。


ar3300_1.jpg
Clear Channel Corporation (CCC) Ranger AR 3300 SSB25W

現RF Limited/Magnumシリーズでお馴染みのサムルイス氏がCCCを立ち上げ、コンピューター制御回路は現AOR、生産は日生技研が担当、CMOS IC等の供給はNECが協力し1982年から開発が始まった純Made in JAPANの無線機です。

前にも書きましたがRCIのレンジャーとは関係ありません。

AR 3500は100Wタイプ、25Wタイプとバリエーションが何タイプか存在する。

1986製のAR 3300のほぼ新品が嫁いできました。箱は年期が入ってますが取説、日生技研の回路図も入っています。
いつかは触ってみたいと思っていたので後々レビューしていきます。


※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。


スポンサーサイト
Galaxy DX 959 AM Super Swing Mods Part 1

dx959_1.gif

またまた帰りが遅い為、夜な夜なブログエントリーです(笑)

改造依頼を頂いてからかなりお待たせしてすいませんです。

Galaxy DX 959にTOP GUN modulator MD-1の取付依頼です。

dx959_2.jpg

ほぼ新品の状態ですね、現在のDX 959はAT-5555などに使われているMOSFET IRF520がファイナルで使われています。
結構パワーが出そうですね(笑)

dx959_3.jpg

電源を入れて簡単なテスト。AMはAMC(automatic modulation control)が効いて細い変調、SSBはRF パワー最大でも変調で5~6W、口笛で9Wと流石FCC規格といった所です。てか、向こうのCBショップのピークチューンの改造料(大体$30位っすね)の為にこうなっているとしか(笑)・・・

即効でSSB ALCとAMCを調整、簡単にSSBは20Wオーバー、AMCのVRも回しきりAMは変調が深くなりました。

しかしAMに拘るなら更に改造が必要です。そこそこ俗にいうプラス変調にはなっているのですがAVGでパワー計を見るとそんなにプラスしていないのです。

という訳で次回からDX 959の改造を紹介していきたいと思います。

今回の改造メニューはMD-1取付、受信アップグレード、クラリファイア オープン等をやっていきます。

今日は遅いのでこの辺で。

しかし蒸し暑いですね、もうすぐ2時だというのに(笑)


※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。



Sears Roadtalker 40 SSB/AM LED Mods

やっと風邪もよくなってきたので前回に続きシアーズ ロードトーカーの続きいってみます。

CH 7セグをブルーにしたいのですがこのシリーズは148みたいにシャーシにVR等が付いているタイプではなく基板が付いてるタイプです。
今回はいつもより詳しく紹介していきます。
改造は自己責任で。
Mods is at your own risk!

r_talker40_13.jpg
2桁 7セグ LEDは1枚基板に付いている為、取り外すのがめんどう。
※クラリファイアの改造補足。D30に今回は4.7μHのインダクタを試験的に付けて-5KCスライドさせてます。
VRのマイナス側のマーキングまで回すと-5KC。

r_talker40_145.jpg
CH セレクターの配線はメインBDとフロントBDと半田付けされている為、半田吸取り等で半田を吸取らないとフロントBDは外せません。

r_talker40_14.jpg
セレクター配線の半田を吸い取ったらフロント基板の2個のビスを外すと基板が外せます。

r_talker40_15.jpg
やっとフロントBDを外せました。あとは純正レッドの7セグLEDを外していきます。

rtalker40_16.jpg
16ピン 半田を吸い取っていきます。

r_talker40_17.jpg r_taler40_21.jpg
左が純正レッド、右がブルーの7セグ 16ピン。 このブルー7セグはレンジャー、ユニデン、ギャラクシー(ペガサス、チェイサー系もOK)等に使用可能。ロイス系用のミニ7セグもストックしてます。

r_talker40_18.jpg
純正7セグを外したらブルー7セグを上下間違わないよう取付ます。

r_talker40_19.jpg
16ピンを半田付けし長い足はカットします。

r_taler40_20.jpg
CHセレクターの配線で外したポイントも半田付けして元に戻します。正常に表示しました。TRX LEDもブルー/レッドに交換、メーターも12VのバルブからホワイトLEDに交換です。これで統一感が増します。

r_talker40_22.jpg
表示窓のレッドのプレートも取外しスモーク等と交換します。これで眩しくなく表示します。

r_talker40_23.jpg
メーターもLEDに、拡散キャップを付けると綺麗に光が広がります。

r_talker40_12.jpg
30CHでクラリファイアを矢印のところまで回すと27.300MHzになる。

r_talker40_24.jpg

シングルコンバージョンの回路の基板ですがなかなか面白い基板です。

この基板もプレジデント ジャクソンと同じで7セグ交換はかなり面倒です。

今回の改造と合わせ受信アップグレード、C1674からC2999に、AM DETはECG 583互換ダイオードに交換しました。
受信は段違いで良くなります。

パワーはAM キャリア2W、変調でAVG 10W、PEP18W
SSBはPEP 20Wオーバーという所です。

なぜかこの無線機はロードペガサス SSB/AMと最近呼ばれています(笑)

最後にebayで見つけたナイスな画像。

2950dx1.jpg
(笑)・・・

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。
Sears Roadtalker 40 SSB/AM Uniden PC-833AD BD

毎日仕事の帰りが遅く疲れが溜まって風邪を引いてしまいました。
久々のエントリーです。

r_talker40_11.jpg
ペガサスⅡのようなカラーリングですが(笑)シアーズ ロードトーカーです。
このモデルは663.38100050という機種名です。このシリーズすべてロードトーカー40なので(笑)この番号で機種名の違いを確認するしかありません。
これはユニデン PC-833 AD BDを使っています。

このシリーズで一番メジャーなモデルは

RoadTalker 40_1CB
これですね。
画像はhttp://forums.radioreference.com/
AC/DC兼用で固定、モービルどちらでも使用可能なモデル。
コレクターの間でも評価の高いモデルです。

r_talker40_2.jpg
このシリーズはRealistic同様マイクはDIN端子プラグになっています。
使い勝手が悪いので4ピンに変えた方がベターです。

r_talker40_3.jpg

Cobra 148 KR STと大きさの比較。148よりちょっとコンパクトサイズ。
Cobra 29 LTD等と同じサイズ。

6001がPC-833 AE、RoadTalker 40はPC-833 ADの基板。基板はほぼ同じですが若干違いがある。

まだマイク端子を4ピン、TRXリレー取付、クラリファイアをオープン(今回は-5KCスライドさせるように改造)にしただけなので風邪が治ったらまた色々やってみます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。