まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
Midland 6001 late ver. with Frequency Counter

梅雨で毎日雨が続いてますね。本当に嫌になってきます。
早く梅雨が明けませんかねぇ



6001_freq1.jpg

使ってない周波数カウンター CRT SUPERSTAR KF-VI(6)がころがってたんで6001に使えないか考えてたらこの基板はIF 10.695MHzなんで付きそうだなと思い取り付けてみる事に。

TEXAS RANGER FC390、Galaxy FC347も共通です。バージョンは何種類かありますが取り付けに問題ありません。

COBRA 148系とUNIDEN GRANT系はIF 7.8MHzなのでカウンター内部のインターナルJPを切り替える必要があります。

ユニデン PC-833AE Board ですが他の機種でも回路的にはみな似ています。ちょっと回路が読める方は簡単に接続出来ます。

6001_freq2.jpg
配線の取り回しの画像。あれから送受信切替リレー取付、受信アップグレードC2999取付/AM DET 1N60からECG583互換Dに/SSB DETのTrも交換して受信もバッチリです。

リアにドリルで穴を開けてコネクタ付きコードをフロントまでもっていきます。

6001_freq3.jpg
リアはこんな感じ。カバーもかなり汚かったんですがクリーニングしたら結構綺麗になりました。何十年も壊れて眠ってたんで汚さも半端ない(笑)

6001_freq4.jpg
OSCコイルとキャリアOSCのコイルが横に並んでるとこにこの基板はUSB +BとLSB +Bのポイントがあります。

6001_freq5.jpg
AM専用機ならこのVCOアウトだけでOK。シールドはGND、白の芯線はグリーンで延長してます。大体サービスマニュアルにVCOアウトのテストタップポイントが載ってるんで参考にすると良いでしょう。

6001_freq6.jpg
この周波数カウンターシリーズは

シールド黒 GND
白 VCO Out
茶      GND
オレンジ  USB
黄      LSB
赤      +8V

になっています。

6001_freq7.jpg
配線が完了して無事に周波数表示しました。キャリアOSCのコイルがズレていると数百Hzズレて表示するのでしっかり調整しましょう。

6001_freq8.jpg
-5KC ONで27.300MHzも聞けます。クラリファイアはマイナス側に多くシフトさせる為、センターからズレてます。

6001_freq9.jpg
-5KC ON、PLLの9番をGNDに落とすとHI CHに。PLL D2824からD2816に交換が必要。
HI CHのトリプル5(27.555MHz)も聞けるようになりました。

6001_freq10.jpg
-5KCをオンしないと+5Kの表示 DX FreqのQSY Freqももちろん聞けます。

これで6001も大体改造は完了てす。
やはり海外DX周波数が聞けるとうれしくなってきますね。
なんかカビ臭いんでミッドランドじゃなくカビッドランド6001って言ったらフレンド局笑ってました(笑)
6001後期ユニデンもコレクションの仲間入りです。

チープなCB無線機ですが改造して遊ぶにはもってこいです。
この年代のCB機は逆に奥が深い。
改造は自己責任で。
Mods is at your own risk !!


※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。


Cobra 148 NW ST Custom


Cobra 148 Knight Rider ST Custom
Midland 6001のVIDの最後に今回の予告をしてたんですが完成したのがこれ。

148nwst1.jpg
フロントパネルのEL インバーターが逝ってしまって何かしようと以前から考えてたんですがフェイスプレートを変更してノブ部分をLEDで光らせ流れる感じにしようと色々妄想していました(笑)

148kr1.jpg
フェイスプレートデカールを製作して頂いたのはGAMMA-RAY GRAPHICS
https://www.gammaraygraphics.com/

 148kr2.jpg   148kr3.jpg

デザインの種類はかなり豊富でオプションで自分でデザインしたパネルデカールも製作出来ます。
今回のプレートはラミネート加工込みで20ドル、送料は普通郵便で10.50ドル。
とにかく親切なショップで細かい打ち合わせが可能です。
PCでデザインが出来ると画像をメールで送ってくれてそれでよければプリント、カットして発送してくれます。
約2週間で到着。

148kr51.jpg

148kr41.jpg
Cobra 148 Knight Rider Sound Tracker Custom
世界に1台だけのワンオフコブラの完成。 雰囲気がガラッと変わります。

148kr8.jpg
中央に向かって動くLEDを制御してるのはイーケイジャパンのキットを利用。
実際3箇所しか配線していません。

GWにフレンドさんとパーツショップに行った時に購入。
キットには5mm赤のLEDが付いてきますが青の3mmに変更。
若干回路を変更してます。
ショップに行った時在庫が電飾パレードしか無かったんですが、忠実にナイト2000の電飾を再現するならスーパー流星フラッシャーのキットがお勧め。

LED点滅時のクロックノイズも送信時に気にならないレベルです。
この手のカスタムは性能がアップするという事はありませんが、他と違う1台を製作したいという人には是非お勧めです。


※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。