まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
Cobra 148F GTL DX+ Export Radio
cobra1481




たまに海外のDXグループのゲストブックに足跡残すとこの無線機売ってくれってメールが来るレアなCobra 148F GTL DX+


90年代に少し生産しただけで打ち止めになってしまったという事は当時FCCに何か言われたんでしょうか?

ジャンパーの切替でCB帯はFCCもうるさいみたいですからね(笑)


cobra1482


エコーの付いた兄弟機 CONNEX 4800DXLも当時は人気でした。

種を明かせば当時のRanger RCI 6900 F25のEPT-690010Zの基板が入っています。

後のレンジャーは990010Zに基板が進化します。


AM FM 10W, SSB25W ファイナル 2SC2312が2発 ドライブは2SC2166

cobra1483

※ビデオ撮影のあとメーターバルブLEDにしてます。


ユニデンのHR2510とか聞きなれてる人が受信音聞くとノイジーに感じるかも。

そんな事はどうでもいいんです、外付けDSPで何とでもなります。


                     ステータスなんです(笑)

アマチュア レディーーーーオ フォア エクスポート オンリー

どこで使っても違法機の二オーーイプンプン

24.265から30M近くまでオールモードでカバーしまっせ!!

このカバー範囲はホニャラの人達も大喜び!!!!!!


cobra1484



ヘビ使いのエキスパート UKのCOBRAWORXSHOPZのJENTECはハマリます

※公開している動画は受信のみでコレクションとして所有している物です。
28,29MHz以外は送信すると電波法違反になります。この無線機は国内で送信(使用)出来ませんので念の為。
ダミーロードでテストしましょう。
Alpha 10 Max AM-1000 AGCの改善
かなり放置のブログ(笑) 久々にエントリー

前のエントリーは携帯からだったんで画像ショボくてすいません。

巷ではMaas DX 5000やANYTONE AT5555がV5(バージョン5)になって羨ましい限り。
V4からSSBもパワーがバリアブルになるし強力な信号の時SSBの変調が歪むのも改善されました。
トークバックモニターとかマイクゲインとか色々ファンクションが追加。

RADIOAFICION.COM
にAGC 改善の記事があるじゃないすか。

てな訳で早速改造

R164 3.9Kを910Ω R75 680Ωを330Ω C5 47μF/10Vを100μFに変更
実際受信すると工場出荷時よりSの振れが弱くなるのでSG等で調整が必要みたいです。


表面実装のチップ部品を交換(交換するのは普通の部品っでオッケーよ)するので
簡単に熱でパターンが"ア゛ァーーーーーーーーー!"となります。
慎重に作業です

強力なSSBの信号でカパカパ歪んでた変調もしっかりAGCが効いて聞きやすくなりました、感謝。






てな訳で

Alpha 10 Max AM-1000にむーーーーーかしの古いDSP 9+繋いだ動画を・・・・




ちょうどオーストラリアが上がってていいテストになりました。
初期バージョンのSSBの歪みはYOUTUBE Maas DX5000 V3とかで確認出来まっせ

Super Star 6900もcobraworxshopzさんが正規店みたいですがLCDがブルーから他と同じのオレンジになっちゃいました。

ブルーの方がカッコ良かったのに

がらくたイッパイあるんでぼちぼちあっぷしていきます

ではでは

※このAlpha 10MAX AM-1000はエクスポートバージョンにリセットすると国内では使用出来ません。出力測定等、送信時にはダミーロードを使用し受信専用で使用して下さい。