まとめ
FC2ブログ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機等を紹介、改造、修理、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
PRESIDENT RONALD Repair part 1

President_Ronald_Export1_1.jpg
画像はrogerbeep.fr President Ronald CB Radio

UKのDXerが27.555MHzで使用していたプレジデント ロナルドをリペアする機会に恵まれました。
開封して最初に電源入れたら27.555MHzになっているのが物語っていますね(笑)

かなり改造された跡があり、まずチャンネル、周波数カウンターLEDが緑から赤に変更されいてます。
フロントはシルバーからブラックフェイスにされていましたがステッカーシートがベロベロだった為、一旦剥がしてしまいました。

ronald_2.jpg
剥がしたブラックフェイス とにかく伸びてベロベロになっていた

貼り方が汚いとかじゃ無く、ドライヤーで伸ばした感じとでも言ったらいいのか…

president_ronald_cb1.jpg
純正シルバーベゼル 元々プレジデントの本物

取り合えずブラックステッカーを剥がしてベゼルに残ったシール糊を取り除く。

初期バージョンのレンジャー EPT360010A BDでCobra 148 GTL DXに周波数カウンターが付き、ファイナルがパラになりSSBで25Ww出るタイプです。
レンジャーがプレジデントに供給していただけあって周波数のドリフトはSS3900系より少ない感じです。

president_ronald_cb2.jpg
フロントを分解したついでにメーターも新品、ホワイトバック、ブルー/レッドのメータースキンに変更

president_ronald_cb3.jpg president_ronald_cb4.jpg

メーターはバルブ焼けで黄色になり、ホワイトLEDは付いていたが全体が黄色で古臭い感じ。
ブラックバックのオリジナルが好きな人はそのままでもOK。
ただ、ユーチューブに動画をアップするとノーマルメータースキンはカスタムしている海外のオタクからダサいと言われる可能性大です(笑)
自分もコメント来ました。

コブラ148やグラントXL等の傑作は日本人のエンジニアが設計した物です。アメリカで設計された物でもないのに何をそんなに得意げになっているのか、アメリカのカスタムショップとか(笑)?

話がそれましたが、SSBですこぶる受信感度がいいです。回路変更されているがショップでやったかは不明。

p_ronald_cb6.jpg

SSBでキャリアが出ているなど不具合も直しながら進めています。

前オーナーはSSBで送信時、リニアを常に送信状態にする為わざと微かにキャリアを出していたのかも知れません。
出力も10Wiに抑えられていた事からリニアで押していた可能性大です。

AMはフローティングキャリア変調に改造。AMCリミッター解除と共にノーマルでPEP約12Wだったのがプラス変調になり、PEP約25Wになります。

これから時間のある時にバンドの変更などをやっていきたいと思います。

ちなみにフランスでのこの無線機のノーマル機はAM/FM 4W SSB 1.6Wという仕様です(笑)


※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。


ebay グローバルシッピングの追跡

暑い日が続いてます、皆さんご自愛下さい。
また西日本を中心とする豪雨により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
3.11を体験した当時を振り返ると普通に生活出来るまで、やはりかなり時間がかかりました。
1日も早い復興を願っています。

ebayの出品者が海外(日本)へ送りたくない場合使う、業者に発送を丸投げするプログラムがグローバルシッピング。
オーダーページでざっくり、発送、郵送中、日本へ着いてからの配達、到着と見る事は出来ます。

もっと細かく移動中を見たい場合、
Parcel Tracker
を見てみましょう。

UPAAA000000~の番号をSearch byはParcel IDにしてコピペして下さい。

すると、

pt1.jpg
MAPにした場合 日本の自宅に配達されるまで追跡出来ます。

pt4.jpg
荷受けポイントやグローバルシッピングセンター到着など細かくみる事が出来る

pt3.jpg
細かすぎて見えませんが(縮小して)詳しく見る事が出来る。

ここで3日も動いていないとか(笑)分かるんで見ないでいたほうがいい時もあります。

pt2.jpg
日本に到着して税関検査、最終的に自宅に配達されて終了。

2000gtl1.jpg
画像はebay Cobra 2000 GTL $1000のプライス 約112,000円也

こんなの買ったら早く着かないかパーセルトラッカー見てしまいます(笑)
輸入し初めってよく見ますが、大体何日で着くって分かってくると忘れてた頃に着きますよね。

代行などはこのトラッキング使えませんがebayのグローバルシッピングを使っていたら一度見てみて下さい。


SCANNING TRANSCEIVER ARF 2001 CB BASE STATION

arf2001_1_20180704200754c07.jpg
画像はebay ARF2001 スキャニング トランシーバー

以前このブログでも紹介しましたがARF2001が現在ebayに出品されています。

じいちゃんの屋根裏部屋から埃を被って出てきたようです。
孫はテストする方法が無いので部品か修理で出品しています。

現代でも70年代に生産されたこの無線機を欲しがっている激レア好きマニアが沢山います。
当時のレートで30万超えの無線機なので欲しくても買えなかったファンが今狙っています。
400ドルスタートですが最低落札価格に全然達していないでしょう。

昔のエントリー記事の画像が28.1222MHzになっている事から周波数拡張も出来るんでしょうね。
シングルコンバージョン AM感度 0.5μV、SSB 0.25μV フィルターバンド幅 2.2KHz-2.7KHz
AMも2.7KHzの為、かなり狭帯域で受信音が割れる時がある。

arf_2001_2.jpg
画像はebay スタントマイクはターナー。


arf_2001_3.jpg
画像はebay リアパネル リアはアンテナA./B切替が出来、意外とシンプル。

日本にも送料12000円で送ってくれるみたいなので勇気のある方は入札してみては。
オーバーホールが前提になると思いますが、動けばお宝になります。

ARF_20011.jpg
画像はhttp://odinn.org/

置く場所があったらなぁ~(笑)…


WTF??????????????? www

9082_11.jpg
画像はebay

見た事あるぞ、この無線機(笑) まだヤフオク終わってませんよ。
即決$770 約8万4千円なり。
まぁ、転売はいいとしてまだ終わってない品物をebayに出品は実体の無い物を出品という事でポリシー違反になりませんかね?

文章もそのまま英訳、画像の著作権は放棄してませんけど(笑)

レアな無線機認定ありがとうございました(笑)


Ranger RCI 39VHP 10 Meter

まだアメリカでは10m ラジオとして新しい機種がリリースされているようです。

ranger_rci_39vhp_1.jpg
Ranger RCI 39VHP 10 Meterラジオ レンジャーは最近クロームフェイス主体

AM専用機 28.000-29.699MHz ステップは10KHzステップ?
6バンド 出力 80W PEP コブラ29サイズ

EチップでCBバンドも出るでしょう。
買う時はショップで改造してもらってから輸入する場合は問題無いのですが、自分で改造する場合はEチップが付属するか買う前に確認して下さい。
ミラージュ MX-86HPを輸入した時は最初にEチップ付いてくるか聞きました。
30ドル位節約、自分でピークチューン出来る人向け。
最近はコードカット、JP移動の改造は少ないので買ってから後悔しない様に。

無線機単体でパワーが凄いと言えば

レスターズカスタムのLesComm Super LC998v800pが800W出るモデルです。
価格 $1499.99 約165000円 販売価格 $1199.99 約132000円

2SC2879は3タイプのアップグレードあり。$220-450まで。

商品ページ和訳

製品説明

このラジオは、4トランジスタアンプボードと2SC2879トランジスタを使用してアップグレードされました!あなたがビデオで見るように、それは14.8ボルトDCで50アンペアのスイッチ電源でピーク800ワットを超えていました。私はラジオに電源を供給するために100アンペアの電源を推奨します。あなたはそれが完全な可能性を見なければなりません!Red Dotバージョンで900ワットピークと推定されています。アンプボードとトランジスタの両方が高価であり、見つけにくいです。お見逃しなく!今すぐあなたを手に入れよう!東芝2SC2879RDは非常に不足しており、いつでも使用できなくなる可能性があります。

lc998v800p.jpg
画像は(C) LesComm LC998v800p


ビデオを参照してください。https://youtu.be/cd7ojdaQubk

デラックスクラリファイヤー。+5 / -5。青色の表示。より良いデュアルファイナル。RX / NB / AGCショットキダイオードのアップグレード。青色/赤色TX / RX LED。受信回路のアップグレード。ホワイトノイズをカットします。連続チャンネル、+10スイッチを使用したスキップなし。ラジオは、適切な機器で専門家によって調整され調整されています。あなたがしなければならないことは、それをフックして話を始めることだけです!受信回路が改善され、ノイズフロアが低減され、ホワイトノイズが低減されます。これにより、受信機の信号対雑音比が改善される。

新しい赤い炎 - フェイスプレートデカール!

2sc2879_1.jpg
(C) LesComm 2SC2879RD レッドドット 本体価格+$450の改造

最高のグレード(限定供給の2879RD)にすると約182000円になります。

無線機単体で約1KWですからね、アップグレードは中にしっかり冷却用DCファンも内蔵されています。

まだまだアメリカにはビッグパワー愛好者がいるんでしょうね(笑)



CB RADIO Till I Die 死ぬまでCB無線…