まとめ

 
CB RADIO なう (まったりCB空間)
昔懐かしのCB無線、海外のCB無線機、エクスポート機なんかを紹介、改造、レビューします。主にAM/SSB機 やっぱCB Radioがいいなぁ
Anytone AT-6666 Smoke comes out and it burns.and Mclkinley repair part 3

at6666_13n10_1.jpg

ANYTONE AT-6666とCRE8900を修理依頼でお預かりしました。
AT-6666は送信していたら急に煙が出たというもの。その後、送信出力は1Wに落ちたそう。

取り敢えず金色のカバーを外して、MOSFET ファイナル FQP 13N10付近をチェックしてみます。

at6666_13n10_3.jpg
赤の矢印の部分に部品をカットした足が落ちています。

予想通りFQP 13N10は逝っていましたが製造過程で入ってしまった部品をカットした足のショートが原因です。

at6666_13n10_4.jpg
入っていた部品の足

at6666_13n10_5.jpg
焼けてしまったFQP 13N10

at6666_13n10_2.jpg
予備で持っていたIRF 520を付けてみる。

13N10は手持ちが無い為、IRF 520を2個交換してパワーが復活する。
仕様が異なるので若干パワーは落ちますがAM/FMで10W、SSBで20Wといった感じ。

取り敢えずこれで使ってもらって13N10を入手する機会があったら再度交換するとしましょう。
メーカーにクレームが効く故障レベルでした。

あれからマック君(Mckinley)はどうなったんでしょうか?
PRESIDENT Mckinley 再生プロジェクト パート3

president_mckinley_face.jpg
ガンマレイにフロントフェイスをお願いする。詳しくは過去のエントリーを参照。

ガンマレイ グラフィックスにオリジナルのフェイス ステッカーをお願いしていました。
送料は$3.25に変更のよう。最初から透明ラミネート加工付で$20。

mckinley_jackson.jpg
PRESIDENT Mckinley PC-893とJACKSON 後期 PB-042AE 蘇りましたマック君 どちらもAM/FM-SSBのモード

♪親ガメの背中に子亀を乗せて~  状態。

JACKSON ASC 後期PB-042AE BDはスケルチを左に絞り込むとクリック音でASCが効く。
前期タイプはASCがPAになっている。前期 5バンド200CHに対して後期は 6バンド240CHになる。

president_mckinly_2.jpg
最初はこんな感じだったんですがここまでして再生する人も多分いないでしょう。

+10KCと-5KC(+オープンクラリファイアー)が出来るので27.300MHzや15Aの27.145マイナス1KHzで27.144MHz等もQSY可能。

面白いのはAMをフローティングキャリア変調のプラス変調に改造するとMckinley(JACK)の方が上だという事。
パワーはMRF477のJACKSONだがそれだけではないのです。
この辺がCB機の面白いところですかねぇ。

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。




Palomar SL41 2-Way Radio Active Circuit Noise Cancelling Microphone

palomar_sl41_1.jpg
パロマー SL41 アクティブサーキット ノイズキャンセリングマイク 

バルク品ではありません。しっかりパッケージも取説も付いています。送料を節約とか言いパッケージ、取説はありませんという説明はバルク品です。その説明をしないでリテール品の様に販売しているのをオークションでちらほら見かけます。
アスタティック マイクとか・・・気を付けましょう。

RFリミテッド、マグナムで有名なサム・ルイス氏の父親サム・ルイス シニア氏や祖父が経営していたPalomar Electronicが帰ってきました。マグナム、EKLパーツ等と共に。詳しくはhttps://www.palomarelectronics.com/

パロマー電子からマイクが出ていましたがアメリカで
「アスタティックが予備になりSL41がメインになったよ!信じられない位いいマイクだよ。」
5星
今までで一番いいマイク。

等とレビューが書かれていてほんまかいな?と思ったので輸入してみました。

palomarsl41_2.jpg
パロマーSL41とT-MⅡ 大きさの比較

相変わらずUS製はデカい! PTTもいつものあれで長時間押してると疲れる作り。
これがアメリカのスタンダードなんでしょう。
モービル使用時とかロックSW等で楽に交信するという文化が元々無いようだ。

palomar_sl41_3.jpg
SL41の内部

アクティブサーキット用で単4 AAAバッテリーが1本入っています。1年以上寿命があるよう。

基板にはゲイン調節用半固定VRが付いていてまだゲインを上げられる。デフォで半分位まで上がっている。
その左上のJPは低音ブースト用。ジャンパーしないと中高音持上げ、ジャンパーすると低音も出るようになる。

palomar_sl41_4.jpg

配線は
シールド GND PTT
赤     TX PTT
白 芯線 オーディオ マイク
白 シールド マイク シールド
青 RX
黒、黄色 未使用

で、使用レポートですが・・・
モービルでの使用がまだ無いのでノイズキャンセルのレポートはありませんが、

固定で使ってみて、これはいいです。

使って良かったと感じたマイクはSRA-158のセラミックマイクやRF Limited CR-577等でしたがまたその中に1個加わりました。
DXのパイルアップ時にも他の局より呼ばれやすくなる実力を持っている感じです。

日本で言う所のバリバリの変調とアメリカのラウド アンド クリアーはちょっと意味が違うので、念のため。
T-MⅡではボヤっとした変調の解像度もSL41ではしっかりとしている感じです。

ナサ等でフィードバックコンデンサの容量を変えた無線機でもまた結果が違ってきます。

持ってて損はないマイクだと思います。    

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。

PRESIDENT LINCOLN Ⅱ Frequency Shift problem

lincoln_2_freq1_2.jpg
PRESIDENT LINCOLN Ⅱ 液晶リバースのワンオフカスタムモデル

プレジデント リンカーンⅡも何時も電源入れっぱなしにしていたのですが久々にチェックしたら周波数が表示とズレています。
各モードで約2.5KHzです。27.555MHzだと27.5575MHz辺りになってしまいます。

lincoln_2_freq2.jpg
ファクトリーセッティングの画面 2.5KHzもズレるとこの設定ではカバーしきれません。
上限などにするとパワーも出なくなる。

これも本体の熱でセラコン等の定数が変わってしまったようです。
SMTの部品実装なのでチップ部品の交換が必要です。
現在のver.はどうなんでしょうか?
局発回路の部品見直しで表示通りの周波数に直りました。

これで実際の表示から周波数がズレる無線機は表面実装の基板で、AT-5555、CRE8900、LINCOLN Ⅱ等です。
開発で耐久試験をしっかりやってからの出荷を希望しますね。
まぁ、筐体小さいんで仕方ないかもしれませんが。

そうやってみるとTCXO回路のMAXLOG M-8800やMAGNUM ONEは凄いかも。



PRESIDENT続きでMckinleyのリペア状況

mckinley_new_meter.jpg
S/RF表示の新品メーター 左 不良、右 新品

このメーターはベガサスⅡやチェイサーMC-3000等に使えます。

サードパーティ製なので純正とレスポンスが若干違う。しかし、気になるレベルではない。

mckinley_new_meter2.jpg
新品のメーターを取付けた画像

president_mckinley_led.jpg

画像暗いですが前にCB/PA切替SWを+10K JUMP SWにしていましたが-5KC SWに変更しました。
+10KHz SWはリアに取付け変更。
AM DET D20,D21をECG583互換ショットキーと交換
NB D1,D2もショットキーに交換
受信RF amp TR14 C1674をC2999に交換

等々いじってます。PC-893もまたエントリーします。
Mods at your own risk!!

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。



PRESIDENT Mckinley PC-893 Repair and Mods Part 1

president_mckinly_2.jpg
画像はYahoo Japan President Mckinley 80CH AM/FM/SSB CB Radio

機材整理の為、久々にヤフオクのお世話になり、最近はどんなCB機出てるか見てたらプレジデント マッキンリーが。
しかもFM付のヨーロッパ向けエクスポートモデル。
誰も入札しないで流れて再出品されていて可哀そうだったので落としてみました。
ヨーロッパではジャックと一緒にレア無線機になっていて中々出てこない基板の一つ。

President_Mckinley_1.jpg
画像はRadioPics Database PRESIDENT Mckinley CB RADIO

マッキンリーはUSA向けでPC-385のFM無しバージョン、ヨーロッパ向けのPC-893FM付がありました。
PC-893も初期は40CH、後期はトーン HI/LOWがCH切り替えになり80CHになる。

そしてユニデン PC-893といえば

President_Jack_1.jpg
画像はRadoPics Database PRESIDENT JACK

stalker9_1.jpg
stalker9_2.jpg
画像はebay

PRESIDENT JACKやTeaberry Stalker IX DXなんかがこの基板です。

president_mckinleey_3.jpg
フロントベゼル 修復中

president_mckinley_4.jpg
メーターはS/RFのみ 

メーターはよくある引っ付いて動かなくなっている症状。液止めしてる上下のピンを緩めてもレスポンスが悪い。
後で交換予定。

president_mckinley_6.jpg
PC-893基板
電源とAFアンプ部のケミコンは1000μF/25Vから2200μF/35Vに交換

当時、グラントより耳がいい基板と言われただけあって受信は中々いい。

president_mckinley_7.jpg
ユニデン PC-893AA ヤクザ(893)基板と呼んでます

president_mckinley_5.jpg

現在、送受信切替リレー追加、ブルー7セグ チャンネルLEDに交換、TX/RX2色LEDをブルー/レッド、オープンクラリファイア (-5KC)
AMはフローティングキャリア化、2Wデッドキーで変調入れてAVG 10W、PEP16W 、SSB PEP 18W
MB8719 PLLにMC14008 4ビット加算器の構成なのでCB/PA切替SWの場所を+10KCジャンプに変更、他改造、リペア中。

また進化したらエントリーしますユニデンPC-893 いいリハビリになるかと思ったら結構しんどい・・・

※ブログで紹介している無線機はコレクションしている物です。送信テストはダミーロードを使っています。27MHz等でのハイパワー運用は止めましょう。改造は自己責任で。


UNIDEN PEGASUS Ⅲ 120CH CB Radio

ドイツのebay他で気になった無線機など。

Pegasus3.jpg
画像はebayより ユニデン ペガサスⅢ

国内で販売されていたユニデン ペガサス3と同じですが、メーター上に注目。
さりげなくPRESIDENTって入ってるの分かります?
初めて見ました、プレジデント ペガサスⅢのフロントベゼル。

kaiser_kf9000.jpg
画像はebayより Funkgerät KAISER KF-9000

Kaiser KF-9000は現地50ユーロ位からいろいろ。
送料は掛かりそうですね。

ka_9000l.jpg
画像はebayより Kaiser KA 9000L

マイク端子はDIN端子のプリモのマイク、変調も想像出来ます(笑)
価格は30ユーロあたりから。

sa_201cs.jpg
画像はebay

上記の9000LとセットのKaiser SA201 CS 12CH セルコール


kaiser_9040fm.jpg
画像はebayより Kaiser KA9040FM

これもスプリングフィールド等と同じボイスのOEM


chaser_mc_5000.jpg
6/13 追加 画像はebay ユニデン チェイサー MC-5000

元箱付きの中古 CHASER MC-5000 UK 60ポンド開始
こういうのを見つけると当時AB誌なんか読んでたの思い出してワクワクしますね(笑)

これらは殆ど日本に発送していませんが、欲しい熱意を伝えて送ってもらいましょう。

前にも紹介しましたが、USのebayならコンシューマーエレクトロ二クスのカテゴリーですがUKはモバイルフォンアンドコミュニケーションとカテが違うのでUSのebayだけでは出てこない無線機もあります。

色んな国に飛んで探すのがベターだと思います。